兵庫県赤穂市で口コミ人気NO1の鍼灸・整体院といえば和田はり灸院!

和田はり灸院


各症状について

大阪大学医学部付属病院から紹介状をいただきました。

12月に入ってから2~3日たったある日。 施術中に1本の電話が入る。 電話を取った妻が「阪大病院の皮膚科の先生から電話です。」と言った。 えッ「阪大病院?」・・・・・・。...

続きを見る

ばね指(弾発指)の臨床報告

当院でばね指(弾発指)のご相談があった場合は、その症状が高度な場合は外科的な手術の方法がある事をお伝えしています。当然のことですが保存的に治療をする方が治療期間が長くなってしまいます。そのうえで保存的...

続きを見る

ばね指(弾発指)は治療院で施術ができるのか?

ばね指(弾発指)とは指屈筋腱は中手骨骨頭以遠では靭帯性腱鞘のトンネル内を滑動する。何らかの原因で腱とトンネルのサイズが合わなくなると、なめらかな滑動が阻害され、腱がしごかれたように一部太くなって、通常...

続きを見る

当院の鍼施術が自律神経に及ぼす影響

鍼が身体に与える反応・組織損傷による生体防御機転が起こる。・筋の刺鍼による筋緊張緩和および血液循環の改善。以上の反応によって運動器系の疼痛や不快な症状(肩こり、腰痛、膝の痛み等)の改善を目的に鍼灸の施...

続きを見る

めまいが続いている患者様の臨床報告

めまい、ふらつき、肩こり、微熱が続いている。という症状で来院された患者様の自律神経バランス測定結果です。季節の変わり目の時にこれらの症状が出やすくひどい時は就寝中も天井がグルグル回っている感じがする事...

続きを見る

自律神経バランス測定

検査で異常がないといわれたけど・・・。もう一生この症状と付き合っていくしかないのかぁ・・・。とあきらめていませんか? 現代社会においてはストレスにさらされる機会が増えています。 過...

続きを見る

邵氏(しょうし)温灸器

こんにちは!本日、「ヒルナンデス(全国放送)」にて、一般社団法人「子宝カウンセラーの会」推奨の「邵氏(しょうし)温灸器」が紹介されました。番組中で女優の清水富美加さんが「耳温灸」を体験されたそうです。...

続きを見る

玉屏風散

玉屏風散いよいよ本格的な花粉シーズンがやってきます。花粉症のときに漢方でよく使われる処方に小青龍湯があります。他に玉屏風散や荊防敗毒散などたくさんの種類があります。漢方はその人の体格や症状などから証を...

続きを見る

お灸のすえ方

お灸をすえてみよう前回、冷え症改善のツボについてお話しさせていただきました。今回は前回ご紹介させていただきました三陰交というツボに是非、お灸をすえていただければと思いましたので、お灸のすえ方についてご...

続きを見る

冷え性

冷え性改善のツボさむい季節になってくると冷え性の人は増々辛くなってきますね。今回はそんな冷え性でお悩みの方に自分でできるセルフケアの方法をご紹介します。冷え性で有名なツボに「三陰交」「さんいんこう」と...

続きを見る

風邪をひいた時に自分で出来るツボ押しその2

商陽というツボ(動画を参照)は発熱時によく使うツボです。商陽は手の太陰肺経と陰陽の関係にある、手の陽明大腸経にあるツボで人差し指の爪の付け根の外側にあります。この部分を爪楊枝の後ろ側を使い刺激しましょ...

続きを見る

風邪をひいた時に自分で出来るツボ押しその1

東洋医学(中医学)では「気、血、津液」という物質が体の中を流れる通り道を「経絡」と言います。この経絡の流れが悪くなると病気になると考えます。風邪をひいたときは体の防御(バリア)機能の役割を持っている手...

続きを見る

ツボの見つけ方

自宅で出来るセルフケアという事で「ツボ刺激」について、何回かに分けてお伝えしたいと思います。第1回目の今日は、ツボの見つけ方についてご紹介させていただきます。まずはじめに「押すと気持ちいい場所」はツボ...

続きを見る

喉の異物感?ヒステリー球

病院で検査しても異常なし...。喉の異物感?ヒステリー球喉に異物感、圧迫感、閉塞感を感じ、何か飲み込む時にひかかった感じがするので病院で検査をしてもらっても「異常がないですよ」と言われお困りの方はいま...

続きを見る

自律神経失調症②

自律神経は交感神経と副交感神経がシーソーのように働いて体を一定の状態に保ちます。このバランスが崩れた状態を自律神経失調症と言います。精神的な緊張状態が長時間続き、過度のストレスを受けると交感神経を刺激...

続きを見る

自律神経失調症①

自律神経失調症①頭痛、動機、めまい、不安感、下痢等で病院で検査をしても異常が見られない場合を総称して自律神経失調症と言います。自律神経は体の状態を常に一定の状態に保とうとする働きをして交感神経と副交感...

続きを見る

なぜ葛根湯は効かないのか?

朝晩と冷え込む日が多くなる時期、風邪を引かれる方が多くなってきます。風邪といえば葛根湯というぐらい有名ですが実は葛根湯は服用するのに適したタイミングがあります。東洋医学では病の邪が体表から侵入してくる...

続きを見る

膝の痛み 最近階段の昇り降りがツライ方へ

最近階段の昇り降りで特に降りる時に膝に痛みや違和感を感じている方は足の筋肉の中でもある筋肉が弱くなってきているかもしれません。さて、そのある筋肉とは...。詳しくはこちらをご覧下さい。↓↓↓膝関節は体...

続きを見る

腰痛を予防する荷物の持ち方

重い物を持ち上げる時に体から遠ざけて持つよりもなるべく体に近づけて持ち上げた方が負担がかかりません。普段から腰に不安を感じている人は足の屈伸を利用して重量物を持ち上げましょう!詳しくわこちらをごらんく...

続きを見る

坐骨神経痛の症状

腰~お尻~太もも~ふくらはぎ~足先にかけて痛みやしびれの症状があらわれるのが坐骨神経痛です。原因となるものに腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症、梨状筋症候群などがあります。軽度...

続きを見る

温湿布?or冷湿布? どっちがイイの 

温湿布と冷湿布がありますがどちらを使えば良いですか?というご質問をよくいただくことがあります。基本的には温湿布=慢性、冷湿布=急性という使い分けがされると思います。しかし。お肌が敏感な方は温湿布には注...

続きを見る

50肩? 電車のつり革が持てなくてお困りの方へ。

電車のつり革をもとうとしたときや高いところに物を置くような動作をした時、またはワンピースのファスナーを上げようとした時に肩に痛みがはしる症状を50肩といいます。症状が激しい人は少し動かしただけでも顔を...

続きを見る

しゃっくりが止まらない時の対処方

横隔膜がケイレンするとおきるといわれているしゃっくりですが一度でだすとけっこうしつこいですよね。私は今回ご紹介する方法でまずおさまるのですが、この前、飲みすぎ食べ過ぎてしまった時はなかなかとまりません...

続きを見る

腱鞘炎、ホルモンバランスの乱れで長期化することも!

スマホやパソコンを使い過ぎると首や肩が凝ってきて手首にも痛みが出てくることがあります。腱鞘炎は親指の付け根が痛くなる場合(ドケルバン)や腱を伸ばそうとした時にひっかっかる場合(ばね指)などがあります。...

続きを見る

腰痛でお困りなら!仕事の合間にできるツボ押しエクササイズ

慢性的な腰痛でお困りなら、ツボを押さえながら体を動かすこの体操をお試しください。↓↓↓

続きを見る

足に痛みやしびれの出る脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の症状は立ったり歩いたりしているときに、足に痛みやしびれがでます。特徴的な症状は間欠性跛行といってある程度距離を歩くと、足がだるくなったり痺れたりして歩けなくなる。少ししゃがみこんで止まっ...

続きを見る

筋肉、靭帯の支持力低下が招く腰椎すべり症

腰椎分離すべり症は若年者に多い腰椎分離すべり症と中高年者に多い変性すべり症があります。変性すべり症は筋肉や靭帯が弱くなって、椎骨の連結が不安定となり椎骨が前にすべり出ることによって発症します。詳しくわ...

続きを見る

青少年のスポーツ選手に多い腰椎分離症。

骨格が発達しきっていない青少年が激しいスポーツによる負担が身体にかかり過ぎたために、腰の部分にある椎間関節の近くが疲労骨折を起こした状態を腰椎分離症といいます。再発を防ぐためには、しばらくスポーツを休...

続きを見る

ご存知でしたか?姿勢によって椎間板にかかる負担が変わることを。

腰椎椎間板ヘルニアが発症してヘルニアが吸収されるまでの間ヘルニアでお困りの方はイスに座るより立っている方が楽だといわれる方が多いです。どうしてかというと立つ姿勢より座っている姿勢のほうが椎間板に負担が...

続きを見る

腰椎椎間板ヘルニアについて。

腰椎ヘルニアは背骨の骨と骨の間にあるクッションの役割をしている椎間板という軟骨の中にある髄核というものが椎間板に力が働いて、そこに裂け目が生じてそこからはみ出してくる症状です。はみ出した部分がすぐそば...

続きを見る

なぜ 腰を曲げるといたくなるのか?

朝晩の気温が肌寒く感じる季節になりました。起床直後まだ体が温もっていないとき、洗面台でまえかがみになったときやコンセントを抜こうとした時に腰に痛みを感じませんか?前かがみになった時に痛むのは腰の角度に...

続きを見る

頭痛で困ったらこのツボを!!

病院の検査で異常がないといわれたけど、頭痛がしてツライ...。疲労、睡眠不足、ストレスなどが重なると頭痛の症状で悩まされる場合があります。現代社会においては働き盛りの方には多くみられる症状です。頭痛で...

続きを見る

頭痛 肩こり こんな時は病院へ。

頭痛の症状の影に重大な病気が潜んでいる場合もあります、和田はり灸院・接骨院でも首や肩が凝り過ぎて頭まで痛くなってくるといって来院される方がたくさんおられます。これらの前兆はある重大な病気のサインかもし...

続きを見る

ぎっくり腰 自分でできる対処方

ぎっくり腰は背筋や腰の筋肉が弱くなってきている中高年者に多い症状です。また中高年者に限らず背筋を鍛えているスポーツ選手でも背筋や腰の筋肉に疲労がたまって強ばっている場合も発症する場合があります。腰の部...

続きを見る

腰痛 ぎっくり腰 背中、腰の筋肉が弱っている人は注意!!

床に落ちているものを取ろうとした時や、洗顔をしようとして前かがみになった時、ぎっくり腰に襲われる事があります。これは、まだ体が動きだす前の腰の筋肉が硬くなっている起床直後や、最近腰に疲れを感じている人...

続きを見る

花粉症と鍼灸治療

花粉症は鼻粘膜に起こる1型アレルギーです。1型アレルギーは他にアトピー性皮膚炎や気管支喘息なども分類されます。スギ、ヒノキなどの樹木花粉、春から夏にかけて多いイネ科花粉、夏から秋に多いブタクサなどの雑...

続きを見る

腱鞘炎と鍼灸治療

指を動かす腱は靭帯性腱鞘によって浮き上がりが防止されてます。また腱鞘はトンネル状に腱を覆っています。この部分での機械的刺激により腱がこのトンネルを通りにくくなって炎症を起こしている状態を腱鞘炎といいま...

続きを見る

花粉症の季節到来、若い人は3人に1人が花粉症!

今年も間もなく花粉症の方にはつらい時期が来ようとしています。少し前の数字ですが、日本アレルギー協会が全国の耳鼻咽喉科の先生とその家族を対象に行った花粉症に関する疫学調査によれば、2008年のスギ花粉症...

続きを見る

顔面神経麻痺の治験例

成人の日で休日を過ごした翌朝、一本の予約の電話が入りました。以前、パニック障害と診断され心療内科に通院しながら、当院で漢方薬と鍼灸治療をご利用していただいていた方からのご予約です。パニック障害の症状は...

続きを見る

顔面神経麻痺と鍼灸治療

顔面神経麻痺と鍼灸治療顔面神経麻痺の症状で来院される方は真夏の暑い時期よりも、何故か今ぐらいの寒い季節に多いような気がします。顔面神経麻痺は中枢性麻痺と末梢性麻痺に分けられます。病因として、外傷、新生...

続きを見る

寒さを吹き飛ばそう!! 陽気を補って「腎」の働き助ける薬膳レシピ

豚とニラは東洋医学(中医学)では補陽の働きのある食べ物といわれています。*補陽とは体の中の陽気を補うという意味です。具体的には内分泌機能とエネルギー代謝を促進する働きの事です。補陽をすることで陽虚(寒...

続きを見る

冷え性の養生法

「腎」のはたらきと冷え体質的に冷えやすい方は、東洋医学でいう「腎」の働きが弱い人が多いです。「腎」は西洋医学でいう尿を排泄する機能のほかに、東洋医学では先天の精(先天的な生命力)を貯える場所とされ、成...

続きを見る

和田はり灸院のご案内

住      所:
〒678-0239 兵庫県赤穂市加里屋58-5
アクセス:
JR播州赤穂駅徒歩4分
お問い合わせ・ご予約
0791-45-3378
営業時間:

午前8:30~12:00
午後14:00~19:00

定休日:
土曜午後、日曜、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ