兵庫県赤穂市で口コミ人気NO1の鍼灸・整体院といえば和田はり灸院!

和田はり灸院


坐骨神経痛の臨床(臨床ノートより) ケース1

症状 坐骨神経痛  54歳 男性
 
・中腰でかがむことが多い仕事柄、慢性的な腰痛があった。
・1年くらい前から腰痛が酷くなり職場の近くの整形外科に通院。
・整形外科では痛み止めが処方されていて時間があるときはリハビリに行っている。
・リハビリでは低周波治療器と腰椎牽引をおこなっている。
・ここ1ケ月は痛みが特にキツイので1週間ほど前に腰に注射をしてもらった。
・注射をしてもらっても症状に変化はみられなかった。
・腰椎ヘルニアの疑いもあるといわれた。
・今朝は起床時から激痛で座るととても痛いので1分も座れない。
 
検査
代償性側弯(アダムステスト -)
C2 RP
経絡変動 胃経 右
SLR 右
アプライドキネシオロジー検査
右側頭葉 右耳 肝臓 胃 腎臓右 腎臓左 右梨状筋
 
初回からの経過
昨晩から腰痛が激しくなり、今朝はやっとの事で起きたが椅子に座ると痛いのでゆっくりと食事もできなかった。整形外科には通っているが症状に変化がみられないので別の方法はないかインターネットで検索。当院のホームページに目がとまりご予約をいただく。歩行時も立位でも側弯が見られる。「座るのが辛い」というのは腰椎ヘルニアの人がよく訴える症状であるので座位のラセーグテストを行うが神経根が引っかかっているような所見はなかった。SLRテストでも同様であった。経絡変動テストでは胃経に反応がみられたので胃経の反応点に置鍼。
置鍼をしている間に頭蓋骨の経絡反射ポイントを指頭で調整。この調整後にSLRを行うと挙上痛が(-)。伏臥位でスイッチ鍼法基本穴と腰部と右梨状筋のTPに刺鍼。1回目の施術終了後に立位の代償性側弯が解消されて、まっすぐ立てるようになり歩行もスムーズになる。2回目の来院時のペインスケール10→3~4。我慢して仕事に行かれたとの事。初回と同様の施術を行う。3回目ぺインスケール3~4→2~3。我慢できる痛みになったのと仕事が忙しいという理由で治療終了。どうして途中でやめてしまうのか?仕事よりも体を大事にしないでどうするのだろうと思ってしまう。

和田はり灸院のご案内

住      所:
〒678-0239 兵庫県赤穂市加里屋58-5
アクセス:
JR播州赤穂駅徒歩4分
お問い合わせ・ご予約
0791-45-3378
営業時間:

午前8:30~12:00
午後14:00~19:00

定休日:
土曜午後、日曜、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ