兵庫県赤穂市で口コミ人気NO1の鍼灸・整体院といえば和田はり灸院!

和田はり灸院


高齢者は乾燥に注意!

shinpai_obaasan.png

 高齢者は乾燥に弱い 
 
一般に熱中症は暑い夏と相場は決まっています。しかし寒い冬でも脱水によって 熱中症になります。日本の冬は寒い上に、乾燥が激しいものです。その乾燥によっ て何の自覚もないまま体から水分が奪われていきます。自覚がないので、かくれ脱 水症といわれています。

夏は暑いので、意識して水分補給をしますが、冬は寒いの で口渇などの自覚症状も少なく、気付かない方が多いのです。

それを放置しておく と厄介なことにつながります。 特に高齢者や小さい子供には注意が必要です。高齢者は加齢により、ノドの渇き に鈍感になります。

また、夜のトイレの回数を気にするあまり、水分摂取を控える 傾向にあります。小さい子供は自分で水分補給ができません。

よって周りの人が気 を配ってあげることが大切です。熱中症が起こりやすい場所は、気密性の高い暖房 が効いた部屋です。また、自動車の中も日中は直射日光を浴びやすいので、予想外 に体温が上がります。 

日本は長寿社会を迎え、高齢者の比率が年々高くなっています。高齢になると体 液が不足して、全身が乾燥し、五臓(内臓)の働きが衰えてきます。

体液が不足している状態を東洋医学(中医学)では陰虚といって心煩、焦燥、不安、口渇、のぼせ、手足のほてり、寝汗、不眠などの症状がみられます。そして体液が不足している状態が続くと気虚といって疲労倦怠、動悸、息切れ、風邪をひきやすい、脈の結滞あるいは数などが現れます

気虚と陰虚が合わさって気陰両虚といいます。気陰両虚がさらに進み(汗を よくかく、水分不足で乾燥など)、血液が濃くなり、粘り気が増し、血栓が出来やす くなる状態になります。糖尿病や狭心症、心筋梗塞などの持病 があって、厳寒の真冬や猛暑の真夏に突然死する高齢者には、少なからずこのよう な体質を持っておられます。冬でも、保湿を忘れず、経口補水液の利用のほか。 気陰両虚に効果が期待される漢方処方もありますのでお気軽にご相談ください。

 

和田はり灸院のご案内

住      所:
〒678-0239 兵庫県赤穂市加里屋58-5
アクセス:
JR播州赤穂駅徒歩4分
お問い合わせ・ご予約
0791-45-3378
営業時間:

午前8:30~12:00
午後14:00~19:00

定休日:
土曜午後、日曜、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ