兵庫県赤穂市で口コミ人気NO1の鍼灸・整体院といえば和田はり灸院!

和田はり灸院


新しい環境でストレスを感じていませんか?

17073fdf1da9d0987a6cca453561812a_s.jpg

ストレスのタイプに応じた漢方

暖かい日の翌日は急に冷え込んだりして気温の変化が激しい日が続くと自律神経の不安定な方は体調が崩れやすくなりますね。

春は入学や就職、転勤など、新しい環境でスタートされた方も多いと思います。

五月病と言われるように、この時期は不安感、抑うつ感、不眠などのストレスに関連する症状が出やすくなります。

今回はそのような時におすすめの漢方薬をご紹介いたします。
 
 帰脾湯  
身も心も弱り、心(精神)の疲れを感じる方に  帰脾湯は胃腸が弱くて「気」や「血」の供給ができず、十分な栄養が得られない ために、体だけでなく心(精神)も疲れてしまう状態に用いられます。
帰脾湯を用 いるタイプは、まじめで完璧主義、思慮深い方が多いといわれています。
眠りが浅 く、夢見が多く、夜間によく目が覚める方や、嗜眠傾向、動悸、焦燥感などの症状 がある方におすすめです。
 
 抑肝散加陳皮半夏
 
ストレスの発散ができず、神経が昂る方に 抑肝散加陳皮半夏は抑肝散に陳皮と半夏を加えた漢方薬です。この処方は抑肝散 と同様に、十分にストレスが発散できず、神経が昂る場合に用いられます。
また、 陳皮と半夏には悪心・嘔吐を鎮め、腹部の膨満感を除く作用があり、胃腸の症状を 緩和する働きもあります。
登校前や出勤前になると腹痛や頭痛が起こる方や、精神 的な緊張状態が強い方におすすめです。
 
 逍遙散
イライラして疲れやすく、不定愁訴のある方に 逍遙散は加味逍遙散から清熱作用や凉血作用がある牡丹皮と山梔子を除いた構成 となっています。
そのため、加味逍遙散に比べて、のぼせや顔面紅潮などの熱症状 が少ないタイプに用いられます。イライラしやすい、落ち込みやすい、悩んだり、 考え込んだりして食欲が落ちる、ストレスによる便秘や下痢を伴うなど、情緒が不 安定になりやすい方におすすめです。
 
 温胆湯
 胃腸衰弱者の不眠や、取り越し苦労の多い方に 温胆湯は胃腸機能が弱く、胸やけ、食欲不振、胃内停水などの消化器症状がある タイプの不眠や神経症状に用いられます。自分に自信が持てず、日常の些細なこと も決断できない方や、取り越し苦労が多い、色々なことを思い悩んでしまって寝つ きが悪い、悪夢で目が覚める、起きてからも熟睡感がない方などにおすすめです。

和田はり灸院のご案内

住      所:
〒678-0239 兵庫県赤穂市加里屋58-5
アクセス:
JR播州赤穂駅徒歩4分
お問い合わせ・ご予約
0791-45-3378
営業時間:

午前8:30~12:00
午後14:00~19:00

定休日:
土曜午後、日曜、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ