兵庫県赤穂市で口コミ人気NO1の鍼灸・整体院といえば和田はり灸院!

和田はり灸院


はじめに

東洋医学の考え方のひとつとしてそれぞれにある体質を8つに分類します。

からだの内側の状態の違いを分類して分析していくのです。基本的には寒(腎陽虚)、熱(湿熱)、気虚(脾虚)、気滞、血虚、瘀血、陰虚、水毒(湿痰)の8種類のタイプがあります。

実際のからだではそれぞれが1種類ずつにわけられるのではなく混ざりあって存在している状態で体調あるいはそれが顕著になると病気というかたちで現れます。

体質というと持って生まれたものすなわち先天的なものと思いがちですが生活環境の状態によっても目立たなくなったり、逆に強く現れたりします。先天的なものは変えられませんが生活環境は工夫しだいで変えることができます。

自分自身の体質を分析することで上記のどのタイプかわかれば健康のための自分に合った生活環境もわかるはずです。

体質のタイプをそれぞれ説明する前に東洋医学の基本的な考え方である陰陽と五行について紹介させていただきます。

陰陽について

万物全てのものを陰と陽のふたつに分ける考え方を陰陽論といいます。陰は物事の静的な性質を表し陽は物事の動的な側面を表します。
体内
体表
陰と陽は反対の性質を持っていて、一方の勢いだけが強くならないようにお互いにバランスをとる関係にあります。陰を役立たせるためには陽が必要で陽を役立たせるためには陰が必要になります。陰陽のバランスは常に移り変わっていきます。同じ景色でも時間帯によって見え方が違うように人間の体の中も常に変化しています。陰陽論は物事が移ろいでいくさまをそれぞれのバランスを捉え分析するのに役立ちます。

五行論について

万物全てのものを5つの属性(木、火、土、金、水)に分けそれらの関係を考える方法です。以下に五行の一部を紹介します。

五行
五声
情志
五臓
六蔵 小腸 大腸 膀胱
これらの5つの属性は絶妙な関係でそれぞれのバランスを保ちます。代表的なものに相生関係と相克関係というバランス関係があります。相生は相手を生み育てる肝経で、木→火→土→金→水の順に関係していきます。例えば気が燃えて火が起き、火から灰ができて土を肥やし、さらに土から鉱物ができて、その水は木を育てます。相克は相手を抑制する関係で、木→土→水→火→金の順に関係していきます。木は土の養分を吸収し、土は土手として水の氾濫を抑え、水は火を消し、火は金属を溶かしてもろくして、金属は木を切り倒します。このような相性や相克といった関係性を自然界だけではなく人間の体の働きにのなかにも対応させて状態を分析するのに役立てます。

和田はり灸院のご案内

住      所:
〒678-0239 兵庫県赤穂市加里屋58-5
アクセス:
JR播州赤穂駅徒歩4分
お問い合わせ・ご予約
0791-45-3378
営業時間:

午前8:30~12:00
午後14:00~19:00

定休日:
土曜午後、日曜、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ