兵庫県赤穂市で口コミ人気NO1の鍼灸・整体院といえば和田はり灸院!

和田はり灸院


鍼灸師になるきっかけを思い出してみた。

うちの長女がを高校3年になる前に鍼灸師・柔道整復師になりたいと言い出した。

てっきり大学に進学してくれるものだと思っていたので少し戸惑ったのだけど、ちょっぴりうれしくも思った。治療院業界という「いばらの道」に進む事を決めた娘をひっそりと見守っていきたい。

そういえば自分がこの治療院業界に入る事を決めたのも高校3年の時だった。もう27年前である。

まわりの同級生が大学に入って何をしたいのか目的も持たず、ただ良い会社に就職をするために大学に入るという理由に少し違和感を覚えていたし私の場合は偏差値も低く落ちこぼれだった。

もちろん大学に進学してこんなことがしてみたいという目的をもっていた人もいたけれどそんな人はごく少数だったと思う。

何か明確な目標のためにに進学したいと思っていた時に同級生のF君の事が頭に浮かんだ。

F君の家はおじいさんの代から続く鍼灸院で高校1年の新入生合宿のときにすぐに仲良くなった友達だった。

F君に今後の高齢化社会において鍼灸師という職業はどうなの?という質問をぶつけてみた。

「・・・・・。」と少し考えてから。1回ウチに来てみる?とF君が自宅に呼んでくれたのだ。

F君の家は想像しているよりも大きく立派でシェパード犬を飼っていた。たしかジョンという名前だった。

鍼灸師ってこんなに儲かるのかぁ・・・。と何も知らない私は思った。

その日は結局多忙なF君のお父さんとは一瞬だけ挨拶したぐらいで、そのままF君の部屋で泊まる事になった。

F君はお父さんから聞いていた事を夜遅くまで話してくれた。鍼灸師を目指したとしても全員が成功できるとは限らないしとても大変な事なんだと教えてくれた。

実はF君のところには私以外の同級生も相談に来たそうだけど家に呼んだのは私だけっだったみたいだ。

和田は向いてると思うとF君は言ってくれた。

後から知った事だけど当時の鍼灸師養成学校は紹介がないと入れない事になっていたのだ。現在は国内に無数に存在する養成学校も当時は10数校しかなかったと記憶している。

私はF君のお父さんに紹介状を書いてもらったおかげで鍼灸師の養成学校に現役で入学することができた。ちなみに当時の柔道整復学科の入試の倍率は20倍以上あった。

F君との出会いがなければ鍼灸師・柔道整復師にはなっていなかったかもしれない。















更新

<< 前の記事 次の記事 >>

和田はり灸院のご案内

住      所:
〒678-0239 兵庫県赤穂市加里屋58-5
アクセス:
JR播州赤穂駅徒歩4分
お問い合わせ・ご予約
0791-45-3378
営業時間:

午前8:30~12:00
午後14:00~19:00

定休日:
土曜午後、日曜、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ